studio tkr

BLOG

編曲の流れ 【編曲】

studio tkrの編曲のプロセスを簡単にご紹介します。




ご希望


編曲は MIX に比べ、自由度が高く、どちらかというと「攻め」の工程であり、
仕上がりの「ゴール」もセンスの数だけ存在します。
完成のイメージを共有すべく、なるべく参考曲をご提示下さい。
「音色はこの曲の感じで、リズム感はこっちの曲」という具合に、
可能であれば2つ以上の曲をリファレンスに挙げて頂くと、よりクリエイティブに進めることが出来ます。






編曲


楽曲のコード進行を決めてから、各トラックを打ち込んでいきます。
シンセ系音色は勿論、生楽器系音色の各種打ち込みにも対応しております。
ギターやドラムなど、プロミュージシャンによる生演奏への差し替えも手配可能です。
ご要望がありましたらお申し付けください。










CHECK


編曲された楽曲の2mixを書き出します。
studio tkrでは32bit/48kHz/wavのデータ形式を採用しております。
一般的な24bit/48kHz/wavよりファイルサイズが大きくなりますが、
ノイズやポンピングに強くクリーンな音質が特徴です。

通常、編曲は「ボーカルレコーディングの前」であることが多いので、
REC用のinst、ガイドメロトラック、等、必要に応じて書き出します。

書き出した 2mix をサーバーアップしチェックして頂きます。
スタジオに足を運ぶ手間が省け、しかも自分の聴き慣れた環境でcheckが出来るため非常に生産的です。
すぐにフィードバックすることができ、完成までのスピードがグっと早まります。

希望があればリテイクをします。
「より良い作品を創りたい気持ち」が一番なので、基本的に何回でも対応致します。
どんなことでもお申し付け下さい。






納品


OKが出ましたら、パラデータやステムデータなどの形態にて編曲データを納品致します。
「MIX」とセットでのご依頼の場合には MIX作業へ移ります。






tkr

studio tkr